2017.12.12

スタッフミーティング

  • 20171212a

  • 20171212a1

みなさん こんにちは
高松市多肥下町の歯科、医療法人社団弘誠会サンシャイン歯科の笹井です。

寒さが厳しい季節になってきました。高松市ではインフルエンザが流行しています。うがい手洗いをしっかり行い予防していきましょう!口は、様々な菌やウィルスの進入経路の一つです。日頃から、うがいやハミガキに気をつけて菌の進入をブロックしましょう。

先日、サンシャイン歯科でやくり歯科、サンクリーン歯科の管理者が集まり、ミーティングを行いました。今回のミーティングでは、審美歯科について話し合いました。時代の変化と共に、歯科に求められるニーズも変化しています。虫歯を治す事だけではなく、矯正やホワイトニング、審美補綴等、機能性の他に審美性を重視される方が増えています。また、銀歯は水に金属成分が溶け出して身体に取り込まれることがあり、その結果金属アレルギーを引き起こしてしまったり、歯茎の目で見えない細かい傷に金属が染み込み刺青のように歯茎が黒く変色してしまったりと健康面でのリスクが高い事から、安全で金属アレルギーの方でも使える白い被せ物を求められる方も多いです。各院でもこういった患者様からのニーズに応えるべく、話合いを行い、医院間を越えての協力を行うべく、情報を交換しました。
一度失った歯は元には戻りません。ブリッジや入れ歯では、人間が持つ噛む力をしっかり発揮する事ができません。天然の歯と比べて、一般的に入れ歯で約10~20%、ブリッジで約60%と言われています。どちらにも共通する事は、支えとなる歯が必要になるので、噛むたびに支えとなっている歯への負担が大きくなり、最終的には抜けてしまうリスクがあります。インプラントは、インプラント体が独立して本来の歯と変わらない様に固定されるので、天然歯とほぼ同じ噛む力で咀嚼できます。また、見た目も他の歯への接続も無いので美しく、見た目と性能を両立できます。日々進化する歯科医療に素早く対応していく様、私たち自身も研鑽を重ねていきます。

ミーティングの最後には院長先生からサプライズでプレゼントを頂きました。
サプライズに驚きましたが、みんな喜んでいました。明日からの診療も頑張っていきます。